世間の話題って白、それとも黒?、いや、灰色だろう!占いが好きなので時々白黒灰色占います。

占い好きの世間は白黒灰色

知識

熱中症予防の食べ物は何?夏野菜のスイカやキュウリなど!

更新日:

夏になるとどうしても熱中症などの心配がありますよね。熱中症になる前に予防したい!そんな食べ物はありますか?と思う人もいるはずです。

 

熱中症は最近では室内でも起きるようになりますし気が付いたらすでになっていたなんて事もあります。

 

そこで今回は熱中症予防の食べ物を紹介します。スイカやキュウリなど夏野菜はおすすめですが他にもありますよ。

スポンサーリンク

熱中症予防の食べ物は何?夏野菜のスイカやキュウリなど!

向日葵の中に立つ女性の画像

熱中症とはなぜ起こるのか?

 

人間の体温は大体36度~37度位で保たれています。これは心臓や内臓、脳などが休みなく活動しているために熱が発生すると言われています。

 

そしてご飯を食べれば胃腸が活動し始めて熱を生みます。逆に熱が上がりすぎてしまった時には、自律神経の働きで抹消神経を広げて、皮膚から多くの汗がでて体温を下げます。

 

熱を体外に放出させるという方法ですね。

 

人間は体温調節機能を持った動物だという事が言えます。

熱中症の症状とは?

夏の風景画像

人間が管理している体温調節機能の温度以上に体温が上がってしまう事ですね。通常ではないのですが「外部的な要因」により体温が上昇することがあります。

 

例えば、夏場の日差しや温度が高いときに室外に長時間いる、長時間の運動をする。などなおです。

 

こうした場合に人間は熱中症になり、急激に汗をかき、体内の水分と塩分が減少し、その影響により、「痙攣、めまい、吐き気」などの症状が現れます。

 

2015年の5月~9月に熱中症になった人数は原告で5万5852人もいます。

 

そして高齢者はそのうちの半数です。つまり高齢者の方が熱中症には鳴りやすいと言われています。

 

また、急激に校本の日が続いたり、高音になると熱中症になる人が増えます。

スポンサーリンク

熱中症にならないための予防のに向く食べ物とは?

スイカの画像

熱中症で失われた水分・塩分、カリウム、ビタミンB1、クエン酸などを含む食べ物が良いと言われます。

 

・カリウムは筋肉の疲れを癒し回復させます。

・ビタミンB1は糖分を分解し体の疲労を回復します。

・クエン酸は疲労回復の効果が期待できます。

 

1、梅干し

梅干しは塩分、ミネラルクエン酸が豊富含まれています。

 

2、豚肉

豚肉にはビタミンB1が多く含まれており牛肉の約10倍のビタミンB1が含まれおります。疲労回復や夏バテ予防に向く食べ物です。

 

3、スイカ、

スイカは水分を多く含み、糖分も豊富です。さらに塩を軽く振りかけて食べれば塩分も摂取することができます。

 

4、きゅうり、ゴーヤ(夏野菜)

スイカもそうですが、きゅうりやゴーヤなどの夏野菜は体温を下げる効果がありますので熱中症になったあとにもおすすめできる食べ物です。

 

さらに、ビタミンB群やビタミンCも方墳含まれており、熱中症対策に向く食べ物です。

スポンサーリンク

熱中症を予防する飲み物は何?

汗をかくサラリーマンの画像

熱中症予防の飲み物は何か?経口補水液がおすすめなのですが経口補水液の作り方はどうやって作るのか?

 

熱中症になってからでは遅い訳ではありませんが、なってしまうとその分、体がつかれたりやりたいことが1時間、2時間できなくなってしまったり時間のロスにもなります。

 

それに熱中症になる時は大体、何かに夢中になっているときですからね。事前に対策しておいた方がいい事もありますよね。

 

今回はそんな方法を紹介いたします。

熱中症とは?

木漏れ日の画像

熱中症とは、体の体温が通常よりも高くなりすぎてしまい、体の機能が低下し「だるい、体調が悪い」などの症状が言えます。

 

初期症状などもありますが、夏の5月~9月に特に増える傾向があります。

 

サラリーマンの人はスーツを着ながら歩くのでかなり熱いでしょう。さらに、高校生、中学生、小学生は大人ほど体力がなく運動をしたりして気が付いたら熱中症になっていたと。。。

 

そんなこともあるわけです。

 

そこで、熱中症にならない、予防のための飲み物を紹介したいと思います!!

経口補水液の作り方!

水を飲むサラリーマンの画像

経口補水液と言われ体の栄養素として必要なナトリウムやイオンなど電解質がバランスよく含まれている飲み物です。

 

経口補水液は市販でも販売していますが、手作りで大量に作りたい!という人向けです。

必要な材料は?

ペットボトルの水の画像

水 1リットル

砂糖 40G

塩 3G

 

これが基本的な、経口補水液です。比較的甘めになるのが特徴で糖分の取り過ぎになる傾向がありますが事前予防の飲み物になります。

 

しかし、実際に飲んでみるとわかりますが、「美味しくない」です(´・ω・`)

 

味がシンプルで水に砂糖と塩を入れただけですからね、味覚がかなり発達してしまった現代人にとっては物足りない味になります。

 

そこであるものを足すと多少美味しくなりますのでご紹介します。

 

毎日同じ経口補水液を飲んでいると飽きると思います!そこでおすすめなのが、「レモン」や「グレープフルーツ」の果汁を入れる方法です。

 

シンプルに個人のお好みで絞って入れる感じになります。

 

ただ、保存水ではないので当日に飲み干してしまうのがいいかもしれませんね。

 

1日の摂取量は、500ml~1リットル位で十分と言われています。

 

ただどうしても飽きてしまったりした場合は素直に市販の経口補水液を購入しましょう。

 

一番無難なのが「ポカリスエット」だと思います。ポカリスエットは点滴にも使えるの見ものですのでおすすめです。

 

ポカリスエットの最安値は ⇒ こちら

経口補水液の最安値は ⇒ こちら

 

スポンサーリンク

 

 

 

-知識

Copyright© 占い好きの世間は白黒灰色 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.