世間の話題って白、それとも黒?、いや、灰色だろう!占いが好きなので時々白黒灰色占います。

占い好きの世間は白黒灰色

芸能人

三浦文彰(バイオリン演奏者)の彼女は誰?真田丸テーマを演奏!

更新日:

三浦文彰が情熱大陸に出演し真田丸のテーマ曲について解説をされます。父親との挌闘を表現しながら音楽一家に生まれた環境を垣間見ることができます。

 

とてもさわやかな顔立ちで女性陣からは彼女は誰?との声が聞こえてきそうですが音楽家の人は音楽家の方とご結婚される方が大半ですが気になる所ですね。

 

音楽で食べて行けるのは音大のトップ1%と言われており、これから音大に行かれる方はもちろんすでに音大に通われている方、純粋に音楽が好きな方にとっても参考になり考える良い機会になるかもしれませんね。

スポンサーリンク

三浦文彰(バイオリン演奏者)の彼女は誰?真田丸テーマを演奏!

生年月日 1993年 (2017年では、24歳)

東京都生まれ

3歳からバイオリンをはじめ16歳で音楽海外留学、ウィーン市立音楽大学に入学。

ドイツのハノーファー国際ヴァイオリンコンクールで史上最年少優勝し日本のバイオリニストサラブレットと言われ2016年にはNHKドラマの真田丸のメインテーマに選ばれる。

両親もヴァイオリニストで妹はピアニストさんの音楽一家です。

 

詳しい生年月日は公開されていませんが、これは音楽家さんにとって普通な事であり、なぜ公開されないかというと、私なりの見解では、生年月日よりも演奏に注目して欲しいからではないだろうか?

 

父親は三浦章宏さんで父親も一流のバイオリニストさんです。ただ、母親については情報はでてこず、きっと私の見解では同じく音楽家だと思われます。

天才バイオリニスト三浦文彰の幼少期はどうだったのか?

三浦文彰の画像

出典元:https://mmf2008.exblog.jp/8613015/

どうやらスポーツが好きな少年だったようで、小学校時代には野球をし、中学時代にはテニスをたしなまれていたそうです。

 

また野球では清原和博選手の大ファンでもあるようです。

 

音楽家さんはあまりスポーツはしないと言われていますが珍しいタイプだと感じました。

 

なぜ音楽家さんはスポーツをしないのか? それはけがをしたら大変だからです。特に優秀が音楽学校でのスポーツでドッチボールをされたときなどは、ボールが来たら「危ないじゃないか」とよけるというお話も。

 

その分、音楽家として成功されるというのが納得できますね。

三浦文彰の彼女は誰?

三浦文彰の画像2

出典元:https://spice.eplus.jp/articles/48423

どうやら相武紗季が好きみたいです。

相武紗季さんの画像

出典元:https://ameblo.jp/poppys/entry-10566917610.html

相武紗季さんは1985年生まれの6月20日生まれ

身長165cmで日本の女優さんです。

お母様が宝塚の女優さんだったようでその影響で娘さんも女優さん導かれた傾向もあるでしょう。

 

やはり音楽家の子供は私の周りでもピアニストさんになられたり画家だったりといますので親の影響は多きものだなと実感致します。

 

さて、三浦文彰さの彼女は特定できませんでしたが年齢的にも仕事的にもいちばんモテル時期でもありきっと素敵な彼女がいると思います。

 

ただ、意外と音楽家さんは出会いが少ないのか、恋愛経験が少ないのかあまり出会いは少なく音楽家同士で結婚している方が多いようですね。

 

また礼儀に非常に厳しい世界であり、音楽技術はもちろん礼儀の世界でもありますので、三浦文彰さんとお付き合い、仲良くなりたい女性は礼儀を持って接されるとチャンスがあるかもしれません。

 

ピアノや弦楽器など奏でられると共通の話題があっておすすめです。

スポンサーリンク

真田丸のメインテーマを三浦文彰と辻井伸行が演奏

素晴らしい音色ですね。

 

まずバイオリンがメインになっており、ピアノはバイオリンの音色を引き出す引き立て役に徹しております。ピアノは強い音を響かせるよりも小さな音を響かせるほうが技術を必要とし、一定のリズムと音色。

 

軽やかですね~。

 

そしてバイオリンは一見簡単そうに弾かれていますがまず弦をおさえる指が痛く、音色もなかなかここまで透き通る様に綺麗に出すのは難しいもんです。

 

また、ピアノもバイオリンもそうですが、演奏=自分の知識や経験、性格が全て表現され聞く耳を持ったものにとっては演奏を聴くだけで性格がわかるものです。

 

私自身はピアノが大好きですので、三浦文彰の奏でるバイオリンの音色はとても居心地がよく、音楽が好きで24時間音楽の事ばかり考えている事が大変よく伝わってき生のコンサート音色を聞きたくなります。

 

テレビでは伝わってこない、雰囲気や観客の反応、ホールの音響を考えられ、そして、発表する曲から最終演奏の流れまでを聴くのが一つの音楽であり、コンサートで聞いても損は何と感じます。

 

三浦文彰の2017年のコンサート情報はこちらからどうぞ

 

ちなみにコンサートの人気席は、通常は一番いい席と一番安い席から埋まります。最前列で演奏者のエネルギーを感じたいタイプと予算の都合上参加して音色と全体の雰囲気だけでも体験したいという傾向が多いみたいです。

 

是非楽しんできてくださいね。♪

スポンサーリンク

 

 

 

-芸能人

Copyright© 占い好きの世間は白黒灰色 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.